現況届について

児童手当をもらうには現況届が必ず必要です!

 

児童手当をもらうためには、最初に提出した「認定請求書」とは別に、年1回6月に郵送される「現況届」を市町村窓口に提出しないといけません。

 

現況届の提出期限は6月30日となっています。もし期限までに間に合わない場合は10月の支給が止まりますのでご注意ください。

 

ただし7月以降であっても現況届は受付していますので忘れていたという時はすぐに市町村窓口に行って手続きをしてください。そうすれば、受付された時から有効なり、次回にまとめて受給することができます。

 

 

現況届の提出方法

 

郵送による提出方法

 

窓口に持参する方法

 

どちらの場合も、提出書類がありますので必ず不備がない状態で提出してください。

 

提出に添付する書類

 

全員が必要なもの

児童手当・特例給付現況届
受給者の健康保険証のコピー(国民年金加入の方・年金未加入の方は省略可)

 

 

状況により必要となるもの

厚生年金加入者で健康保険証に記載されている保険組合が○○国民健康保険組合(全国土木建築国民健康保険組合・各区市町村発行の国民健康保険組合を除く)の場合は、年金加入証明書を提出してください。年金加入書名所は勤務先より証明がでます。
※年金加入証明書の提出がある場合は、健康保険証の提出は不要です。

 

現住所に住民登録がない方(年明けの1月1日に住民票がない方)
受給者またはその配偶者の課税証明書または非課税証明書
 (証明書の名称は自治体により異なります。所得・課税額・控除内容・扶養人数等が確認できるもの。ただし、配偶者が申請者の控除対象配偶者であり、そのことが申請者の証明書で確認できる場合は、配偶者の分は提出不要。)

 

平成26年1月1日に日本に住民登録がない方

 

戸籍の附票(本籍地で取得可能。)

 

児童と別居している方  監護生計同一申立書(児童と同居し面倒をみている方の署名が必要)

 

児童と別居していて、児童の住民登録が現在のお住まいの区市町村にない方は児童の世帯全員が記載されてい住民票を添付

 

その他 児童の監護状況等により、書類の提出を求めることがあります。

 

 

※世帯の状況によって、提出する書類が異なります。ご不明な点があるときは必ずお住まいの市町村役場にお問い合わせください。

 

チェックポイント 当サイトの情報は、新しいものを掲載するよう心がけておりますが、中には情報が古くなっている場合も予測されます。気になることがあるときは、お住まいの市町村窓口または市町村ホームページを必ずご覧下さいね!