児童手当が貰える対象者

児童手当を支給される対象者について

 

児童手当は、基本的にお子さんを養育する方が受け取れるものです。つまり、日本に住んでいるお子さんであれば誰もが受け取れるのが児童手当になります。支給対象年令は0歳から中学校3年の3月31日まで(15歳になった年にはじめて迎える3月31日まで)となります。

 

 

基本的な支給対象者について

 

児童が国内に住んでいることが原則

原則として、児童が日本国内に住んでいる場合に支給します(留学のために海外に住んでいて一定の要件を満たす場合は支給対象になります)。

 

離婚協議中であっても受け取れる

父母が離婚協議中などにより別居している場合は、児童と同居している方に優先的に支給します。

 

お子さんだけが日本に住んでいる時でも受け取れる

父母が海外に住んでいる場合、その父母が、日本国内で児童を養育している方を指定すれば、その方(父母指定者)に支給します。

 

未成年後見人が受け取ることができる

児童を養育している未成年後見人がいる場合は、その未成年後見人に支給します。

 

施設入所や里親でも受け取りできます

児童が施設に入所している場合や里親などに委託されている場合は、原則として、その施設の設置者や里親などに支給します。

 

 

よくある質問

不登校の子供でも児童手当は受け取れますか!?

はい、受け取れます!
不登校のお子さんでも15歳になった年の最初に迎える3月31日までは児童手当の支給ができるようになっています。もらえないと思っていた場合は、早めに現況届を出し支給手続きを行ってください。

 

 

ホームステイで半年間いないのですがその期間は受け取れますか!?

はい、受け取れます!
ホームステイは基本的に短期留学にあたります。そのため、受け取ることができます。もし、もらえないと思っており現況届を出していない場合は、すみやかに現況届を出し支給手続きを行ってください。ただし長期留学になる場合は受け取れないこともありますので、必ず市町村窓口で確認するようにしてください。

 

 

 

チェックポイント 当サイトの情報は、新しいものを掲載するよう心がけておりますが、中には情報が古くなっている場合も予測されます。気になることがあるときは、お住まいの市町村窓口または市町村ホームページを必ずご覧下さいね!