児童手当の支給申請について

児童手当の支給申請について

 

児童手当の支給には申請が必ず必要になります。お子さんが生まれた時、転入した時から15日以内に必ず書類を出さないともらえない手当になります。

 

申請が必要な対象者

お子さんが生まれた時
他の市町村から引越ししてきた時

 

手続きの方法

新しくお子さんが生まれたり、他の市区町村から引っ越しをされた場合、現住所がある市区町村窓口にて「認定請求書」を提出しなければいけません。これが申請になります。

 

お子さんが生まれた時は、市町村窓口で必ず案内がありますので忘れるということはありません。

 

しかし、転入届けを郵送で行った場合にはうっかり忘れてしまったということがよくありますので、お子さんがいるご家庭はできるだけ転入届けは自分で出しに行かれるのが手間が省けます。

 

公務員の方は、手続きが異なり、勤務先に出す仕組みになっています。

 

認定請求書が出されると、市町村で審査が行われ、児童手当の支給対象とみなされると通知が届きます。認定された日の翌月から児童手当の支給が開始されます。

 

できるだけ早く受け取るためにも「認定請求書」の提出は急ぐべきです。

 

児童手当が貰える対象者

 

 

認定請求に必要な書類一覧

 

※請求者というのは保護者または保護者に準じる方のことです。

 

○請求者が被用者(会社員など)の場合→ 健康保険被保険者証の写しなど

 

○平成26年5月以降平成27年4月までに認定請求をする方で、平成26年1月1日に今の市区町村に住民登録のなかった方
→ 前住所地の市区町村長が発行する児童手当用所得証明書(平成25年分)

 

○振込口座が確認できる通帳またはキャッシュカード

 

※市町村によっては上記にあげた書類以外に提出すべきものがある場合があります。必ず各自治体に問い合わせをしてみてください。

チェックポイント 当サイトの情報は、新しいものを掲載するよう心がけておりますが、中には情報が古くなっている場合も予測されます。気になることがあるときは、お住まいの市町村窓口または市町村ホームページを必ずご覧下さいね!