児童手当支給の所得制限について

児童手当が貰える家庭の所得について

 

 

児童手当を支給する家庭はすべてではありません。児童手当は基本的にお子さんを養育する目的で支払われているので、あまりにも高所得となる家庭には所得制限を設けております。

 

扶養親族の人数

所得制限限度額

収入の目安

0人 622.0万円 833.3万円
1人 660.0万円 875.6万円
2人 698.0万円 917.8万円
3人 736.0万円 960.0万円
4人 774.0万円 1002.1万円
5人 812.0万円 1042.1万円

 

上記の所得制限に当てはまるご家庭に支給される児童手当は1人あたり5,000円となっていますので注意しましょう!

 

 

所得税法に規定する老人控除対象配偶者または老人扶養親族がいる方の限度額(所得額ベース)は、上記の額に当該老人控除対象配偶者または老人扶養親族1人につき6万円を加算した額。
扶養親族数の数が6人以上の場合の限度額(所得額ベース)は、5人を超えた1人につき38万円(扶養親族等が老人控除対象配偶者または老人扶養親族であるときは44万円)を加算した額。

 

 

所得と収入ってどう違うの!?

 

児童手当によく登場する「所得」と「収入」、よくわからないですよね?

 

そこで、給与所得の方と、自営業の方、年金受給者の方で例をあげます。

 

給与所得の方(サラリーマンの方)

 

年収 ー 所得控除額 = 給与所得

 

つまり、年収から社会保険や生命保険など年末調整を行って源泉徴収票の給与所得に載っているのが所得になります。

 

自営業の方(確定申告の方)

 

収入 ー 必要経費 = 所得

 

収入(売上や雑所得)から必要経費を差し引き残った額が所得になります。

 

年金をもらっている方

 

年金支給額 ー 控除額 =年金所得

 

年金の場合は、控除される金額が決まっています。そのため65歳であっても年金所得に応じて控除される額も変わってきます。

 

共働き夫婦Aご家庭の場合

 

扶養親族はお子さんの2人のみ。
小学校入学しているお子さん1人
2歳のお子さん1人

 

旦那さん  所得450万
奥さん   所得300万
所得合計 750万

 

この場合は、所得制限にもとづき、上のお子さんの5,000円と下のお子さんの5,000円が児童手当として支給されます。

 

 

共働き夫婦Bご家庭の場合

 

扶養親族は実父母とお子さんの4人。
小学校入学しているお子さん1人
2歳のお子さん1人

 

旦那さん  所得450万
奥さん   所得300万
所得合計 750万

 

この場合は、所得制限にはかからず上のお子さんの10,000円と下のお子さんの15,000円が児童手当として支給されます。

 

 

同じ所得であっても扶養親族がいるかいないかで大きく異なります。

チェックポイント 当サイトの情報は、新しいものを掲載するよう心がけておりますが、中には情報が古くなっている場合も予測されます。気になることがあるときは、お住まいの市町村窓口または市町村ホームページを必ずご覧下さいね!