妊娠したら貰えるお金

母子手帳を交付されると貰える助成金

 

妊娠して8週くらいになると母子手帳が交付されます。
母子手帳を交付されると、市町村窓口から「妊娠健康検査」の無料券が14回分もらえます。

 

ただし自治体によっては母子手帳と同時にではなく、その都度窓口で交付される場合もあります。必ず市町村窓口に問い合わせしてください。

 

 

妊娠健康検査って?

 

妊娠健康検査というのは妊婦健診と呼ばれています。

 

妊婦健診は、赤ちゃんの健康状態を定期的に確認するために行うべきものです。

 

ただし、検診と言っても健康保険が適用になりません。そのため1回で5,000円以上かかる場合もあります。

 

できれば、それは必ず受けるべきものなのですが、経済的な理由で受けられない方も多くいます。少子化の今、国はこの妊婦検診はしっかりと受けて欲しいということで国が援助をしています。

 

ただし市町村によっては、母子手帳を交付するときに無料券として受け渡しするところや、一旦払った段階で妊婦検診費用助成という形で後から戻ってくる場合もあります。

 

あくまでも市町村の自治体によって異なる部分ですからご自分が住んでいる役所に問い合わせしてみてください。

 

 

妊婦健診の内容

 

妊娠周期

妊娠してから23週まで

妊娠24週〜35週

妊娠36週〜出産まで

検診回数 1〜4回目まで 5〜10回まで 11〜14回まで
基本検診 体重測定・血圧・尿検査・腹囲・子宮底長・浮腫
その他検査

身長(初回のみ)
血液検査(初期に1回)
子宮頸がん検診(初期に1回)
超音波検査(23週まで2回)
感染症検査※

血液検査(35週までに1回)
B群溶血性レンサ球菌(35週まで1回)
超音波検査(35週まで1回)
感染症検査※

血液検査(出産まで1回)
超音波検査(出産まで1回)

※感染症検査は妊娠初期から35週まで1回のみ

 

 

チェックポイント 当サイトの情報は、新しいものを掲載するよう心がけておりますが、中には情報が古くなっている場合も予測されます。気になることがあるときは、お住まいの市町村窓口または市町村ホームページを必ずご覧下さいね!