出産育児一時金

出産育児一時金について

 

妊娠&出産というのは、あくまでもお子さんを産むということなので、一般的な病気には当たりません。そのため、健康保険の適用になることはありません。

 

特に出産費用というのは自費で払う費用です。安い産婦人科でも30万〜40万はかかります。

 

そこで、負担を軽減するためにできた制度が「出産育児一時金」なのです。

 

支給対象者は健康保険加入者および被扶養者で妊娠4ヶ月以上で出産をした人になります。

 

支給金額は子供1人出産すると42万円になります。双子の場合は2人分、3つ子の場合は3人分が支給されます。

 

国民健康保険でも社会保険(協会けんぽ)でも42万円受け取れます。

 

ただし、社会保険の場合、健康保険加入の継続年数が1年以上あり、退社してから6ヶ月以内に出産することが条件となります。

 

 

支給方法

 

支給方法は、直接支払い制度または受取代理制度と産後申請が選べます。

 

直接支払制度または受取代理制度というのは、お産する前に申請をしておき産院に支払う代金と相殺するものです。お産費用が支給額より高い場合には差額分を実費で支払いすることになり、お産費用が支給額より安い場合には指定の口座へ振り込まれるという仕組みです。

 

産後申請の場合は、お産してから手続きをして42万円をまるまる受け取る方法です。

 

チェックポイント 当サイトの情報は、新しいものを掲載するよう心がけておりますが、中には情報が古くなっている場合も予測されます。気になることがあるときは、お住まいの市町村窓口または市町村ホームページを必ずご覧下さいね!